キセノン

(サイエンス)
きせのん
原子番号
54
元素記号
Xe

希ガスの一種。1898年にイギリスの化学者、ウィリアム・ラムゼーとモリス・ トラバースが発見した。ギリシア語で「奇妙な」を意味する「Xenos」が元素名の由来。放電現象によって太陽光に似た白色の光を放つ性質があり、カメラのストロボやヘッドライトなどに利用されている。

放射性同位体のキセノン133や135は、ウランやプルトニウムが核分裂した際に生成される。半減期は、キセノン133が約5日、キセノン135が約9時間。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ