キダム

(アート)
きだむ

シルク・ドゥ・ソレイユの演目のひとつ。
2003年と2004年に日本公演。

『キダム』とは、ラテン語で“名もなき通りすがりの者”という意味。
1996年にモントリオールで初演され、北米〜そして続くヨーロッパツアーまで計1,533公演、世界中で370万人を魅了。
忙しい両親にかまってもらえず孤独を感じる女の子が、頭のない男と出会う。その出会いが不思議な世界への扉となり、息もつかせぬエキサイティングなスペクタクルが、、

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ