キッズ・オールライト

(映画)
きっずおーるらいと

The Kids Are All Right

  • 2010年|アメリカ|カラー|106分|画面比:1.85:1|映倫: 劇場公開版:R15+*1、オリジナル・バージョン:R18+*2|MPAA: R*3

概要

中年のレズビアン・カップル、ジュールスとニックの息子レイザーと娘ジョニは、人工授精によって授かった子供たちだった。ある日、レイザーとジョニは、精子提供者の父親探しを始め、その男ポールを見つけてしまう。それが騒動の始りだった。
現代の家族の在り方を見つめ直すコメディ映画。

アカデミー賞

  • 候補:作品賞、オリジナル脚本賞、主演女優賞(アネット・ベニング)、助演男優賞(マーク・ラファロ)

*1:刺激の強い性愛描写、及び麻薬の使用と未成年者の飲酒がみられ、標記区分に指定します。

*2:大人向きの作品で、極めて刺激の強い性愛描写、及び未成年者の麻薬の使用と飲酒がみられ、標記区分に指定します。

*3:Rated R for strong sexual content, nudity, language and some teen drug and alcohol use.

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ