キノ

(読書)
きの

キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))
「キノの旅 ―the Beautiful World―」の主人公。旅人。
モトラド*1のエルメスに乗り、様々な国を3日間だけ滞在して去っていく。何事にも冷静で*2、天性の才能を持った凄腕のパースエイダー*3使い。年は話によってまばらだが、ほとんどが「十代半ば」と表記されている。
「キノ」は本名ではなく、作中で本名は×××××と記されるため、明らかになったことはない。そもそも本人すら、もう覚えていないという。
本人曰く『何か花の名前で、読み方を少し変えると、とてもいやな悪口になっていたことだけぼんやりと覚えている』とのこと。
一人称が「ボク」なため男の子と勘違いされやすいが、れっきとした女の子。

*1:モーターがついた二輪車。いわゆるバイク

*2:元からではなく、旅をしていくうちに冷静になっていったようだ。

*3:拳銃。キノは2つないし3つのパースエイダーを所持している

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ