キノボリトカゲ

(動植物)
きのぼりとかげ

キノボリトカゲは<アガマ科>で見た目がイグアナに似ています。
奄美・沖縄諸島に分布しており、オスは7.5cm程で、メスはそれより小さく、オスよりくすんだ緑色をしています。木の幹にとまっていることが多いのですが、地上にも降りていることもあります。前ほど頻繁には見られなくなっています。
亜種としてサキシマキノボリトカゲ、ヨナグニキノボリトカゲがいます。どちらも昆虫やクモなどを補食しています。

関連語 リスト::動物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ