キュリー夫人

(サイエンス)
きゅりーふじん

Marie Curie (1867年-1934年)
ポーランド出身の科学者。ラジウムポロニウムの発見などの功績により、夫ピエールとともに1903年ノーベル物理学賞受賞。夫の死後も研究を続け、1911年にノーベル化学賞を受賞、最初の複数回ノーベル賞受賞者となる。
娘のイレーヌ・ジョリオ=キュリーも1935年にノーベル化学賞を受賞している。

* リスト::学者::自然科学
* リスト::物理関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ