キョウチクトウ

(動植物)
きょうちくとう

Nerium indicum
夾竹桃
キョウチクトウ科キョウチクトウ属
インド原産
:植物
白や桃色の綺麗な花を咲かせ、公害や乾燥・潮風にも強いため、庭園・公園・街路樹としてよく植えられている
キョウチクトウ科植物には、有毒成分が含まれます。
バーベキューに『キョウチクトウ』の枝を串として使用した結果、11人中7人が死亡すると言う事故が起きています。
枝だけではなく、葉・花・茎・折った時に出る樹液にも含まれる。
低温で燃焼させた場合、燃やした際に発生する煙にも、毒成分が含まれる為
剪定した枝や葉が十分に乾燥していない場合に燃やす時には注意が必要

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ