キリン メッツ コーラ

()
きりんめっつこーら

コーラ系飲料では初めての特定保健用食品。
糖類がゼロで、食事の際に脂肪の吸収を抑える効果があるとされる。キリンビバレッジが発売。

  • 2012年4月24日の発売から2日間で年間販売目標100万ケースの5割を突破(1ケース=480ml/24本)
  • 2012年4月24日の発売から2か月で200万ケースを出荷
  • 2012年10月9日、1.5L大型容器を発売

[トクホ]キリン メッツ コーラ 480ml×24本

[トクホ]キリン メッツ コーラ 480ml×24本

詳細

商品名 キリン メッツ コーラ
発売地域 全国
名称 炭酸飲料
容量 480ml、1.5L
カロリー 5〜15キロ(1本あたり)
希望小売価格 158円(480ml)、350円(1.5L)

発ガン性物質の問題(2012年8月22日にネット上で話題に)

キリンメッツコーラに発ガン物質が含まれていることが判明し、それをキリンビバレッジが認めたというもの。問題の物質はカラメル色素を製造する時にできる副生成物「4-メチルイミダゾール(4-MI)」という物質。2011年1月にアメリカのカリフォルニア州で「4-メチルイミダゾール(4-MI)」が発ガン物質リストに追加されたことが発端。
キリンメッツコーラは発がん物質入り 「発ガンコーラ」はトクホにふさわしくない:MyNewsJapan
痛いニュース(ノ∀`) : 特保「キリンメッツコーラ」、発ガン物質入りと判明 - ライブドアブログ
規制が厳しい米カリフォルニア州の1日あたり許容限度の4〜5倍にもなる量がキリン メッツ コーラ1本に含まれている。

キリンビバレッジの見解

2012年8月22日、サイト上にて「『キリン メッツコーラ』に含まれるカラメル色素の安全性について」との公式見解を出した。
お知らせ|WEB品質保証室|安全・安心への取り組み|キリン
当社見解としては、「体重50kgの大人で、1日約16L(480mlペットボトル30本以上)」を毎日飲み続けなければ、安全性に問題がないと判断しております。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ