キング・アーサー

キング・アーサー

(映画)
きんぐあーさー

King Arthur: Legend of the Sword

  • 2017年|アメリカ|カラー|126分|画面比:2.35:1|映倫:G|MPAA: PG-13*1

概要

両親を殺され、スラムの売春宿で貧しく生き抜いてきた青年アーサー。彼はまだ、自分の偉大なる宿命に気づいていない。
アーサーの正体は、かつてのイングランド王の一人息子。暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)は兄であるユーサー王(エリック・バナ)に謀反を起こし、殺害。ユーサー王は絶命する寸前、まだ幼かったアーサーを船で逃したのだった。
過酷な環境で鍛えられながら成長し、優しくタフな男として仲間の信頼を集めていたアーサー。やがて聖剣エクスカリバーを手にした彼は、自らの過去、そして亡き王に代わり王の座を奪還するという運命を知ることになる−。
(公式サイトより)

アーサー王伝説の映画化。

予告編




*1:Rated PG-13 for sequences of violence and action, some suggestive content and brief strong language.

キング・アーサー

(映画)
きんぐあーさー

King Arthur

  • 2004年作品|アメリカ、イギリス、アイルランド|カラー|126分、142分(ディレクターズ・カット)|画面比:2.35:1|MPAA: PG-13*1

概要

イギリスがブリテンと呼ばれ、ローマ帝国の支配下にあった時代 ―― ローマ軍の司令官アーサー(クライヴ・オーウェン)は、ランスロット(ヨアン・グリフィズ)を始めとする《円卓の騎士》を率いて反乱軍と戦っていた。ある日、アーサーは無実の罪で囚われていたグウィネヴィア(キーラ・ナイトレイ)というブリテンの女性を救出する。その頃、ブリテンは残虐なサクソン軍の侵略によって滅亡の危機に瀕していた。“愛する祖国は指導者を必要としている”というグウィネヴィアの言葉は、アーサーの中に眠っていた何かを目覚めさせていく。ブリテンとアーサーの運命を賭けた壮絶な戦いが、いま始まろうとしていた…。
(公式サイトより)

予告編



リスト::外国の映画::題名::か行

*1:Rated PG-13 for intense battle sequences, a scene of sensuality and some language.

ネットの話題: キング・アーサー

人気

新着

新着ブログ: キング・アーサー