キーロガー

(コンピュータ)
きーろがー

スパイウェアの一種。keylogger。
キーボードの入力履歴をモニタリングして、ログファイル等に出力する機能を備えたソフトウェアを指す。
コンピュータウイルスの一機能として実装されることも多い。
もともとはプログラマが作業中に不意の停電などに襲われたとき、それまでの作業履歴を記録しておくことで、復旧作業の手助けになるようにという目的で作成されたという。
最近では高機能化が進み、単にキーボードの入力履歴だけでなく、クリップボードやメール、ブラウザ、メッセンジャーなどの履歴を記録可能なものもある。
キーロガーを検知し、除去する専用のソフトウェアとしてはAnti-KeyloggerやPestPatrolなどがあるが、ウイルスの一機能として実装されることも多いことから、一部のアンチウイルスソフトも対応している。

日本語版のキーロガーとしては、MixLogger(http://mixlogger.the-ninja.jp/)などがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ