ギベール

ギベール

(読書)
ぎべーる

エルヴェ・ギベール。作家、1955年パリ生まれ。ル・モンド紙記者をしながら、生涯に17冊の作品を残す。ロランバルトやミシェル・フーコーとの交遊で有名。邦訳のあるものに「ぼくの命を救ってくれなかった友へ」「憐れみの処方箋」「召使と私」「赤い帽子の男」「楽園」 「悪徳」「ヴァンサンに夢中」「犬たち」「幻のイマージュ」「サイトメガロウィルス」がある。写真家としても知られ、邦訳では「写真書物」がある。1991年エイズで死亡。
関連語 リスト::写真家

http://leparadis.fc2web.com/guibert.html