ギムネマシルベスタ

ギムネマシルベスタ

(サイエンス)
ぎむねましるべすた

ギムネマシルベスタは、インドにおいて古くから糖尿病の薬として使われてきた植物です。
このギムネマシルベスタは非常にユニークな効果があります。
それは甘みを感じなくなるという不思議な効果です。
具体的にはギムネマシルベスタの葉を噛んだ後には甘いものが苦く感じるようになります。
そして、甘いものを食べたいという気持ちも薄れてきます。
そのため、ギムネマシルベスタは「シュガーキラー」ともいわれています。
ギムネマシルベスタは甘み以外の味覚には影響を及ぼしません。
つまり、苦味や辛味などは通常通りに感じることができるのですが、甘みだけが感じなくなります。

新着ブログ: ギムネマシルベスタ