ギャバロン

(サイエンス)
ぎゃばろん

成分(一般名) : バクロフェン
製品例 : リオレサール錠5mg~10mg、ギャバロン錠5mg~10mg
区分 : 鎮けい剤/その他/抗痙縮剤

概説:  筋肉をほぐし、痛みをやわらげるお薬です。痙性麻痺など筋肉がこわばる病気や、脳卒中の後遺症の治療に用います。

作用:  筋肉を緊張させている神経をしずめる作用があります。そのほか、筋肉の血流改善効果もあります。体のこわばり感やつっぱり感をやわらげ、動作や歩行の回復を助けます。
病気の原因そのものを治すことはできません。

特徴:  同類薬のなかでは、効き目が強いほうです。反面、副作用が少し出やすいので注意します。

効能:  下記疾患による痙性麻痺
脳血管障害、脳性(小児)麻痺、痙性脊髄麻痺、脊髄血管障害。
頸部脊椎症、後縦靱帯骨化症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症。脊髄小脳変性症、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)。
その他の脳性疾患、その他のミエロパチー。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ