ギャロップダイナ

(スポーツ)
ぎゃろっぷだいな

ギャロップダイナ

生年月日 1980年4月25日生まれ、 牡、鹿毛
生産者 社台ファーム(北海道早来)
ノーザンテースト
アスコットラップ
母の父 エルセンタウロ
馬主 (有)社台レースホース
管理調教師 矢野進(美浦北)
競走成績 42戦10勝
主な勝ち鞍 天皇賞(秋) 東京新聞杯 安田記念 (2着・有馬記念)



ギャロップダイナは美浦矢野進厩舎に所属していた競走馬。本質的には社台ファームの良血馬だったがクラシックとは無縁の存在であり、旧齢表記6歳にして準オープンからの格上挑戦となった天皇賞でシンボリルドルフ以下をまとめて差し切り13番人気で優勝、「あっと驚くギャロップダイナ」の名ゼリフと共に記憶に残る馬としてよく語られる。他にも1985年の札幌日経賞におけるカラ馬での一位入線など活躍馬としては破天荒なエピソードが多い。翌年の安田記念は1番人気に応え優勝し、その夏フランスへ遠征(ジャックルマロワ賞12着・ムーランドロンシャン賞10着)、帰国後したのち天皇賞とジャパンカップを凡走すると、引退レースとなった有馬記念は11番人気ながら社台ファームの僚馬ダイナガリバーの2着と、とにかくも波瀾万丈の競走生活を送った。種牡馬としてはマルマツエース、マイネマジックなどを出し一定の成功を収めた。2003年12月30日用途変更、2006年2月2日死亡。

ギャロップダイナの血統



ノーザンテースト
*Northern Taste
Northern Dancer Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Lady Victoria Victoria Park Chop Chop
Victoriana
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah
アスコットラップ エルセンタウロ
*El Centauro
Sideral Seductor
Starling
Planetaria Penny Post
Crescent
ディープディーン
*Deepdene
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
High Bid To Market
Stepping Stone


リスト::競走馬

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ