ギャング・オブ・ニューヨーク

ギャング・オブ・ニューヨーク

(映画)
ぎゃんぐおぶにゅーよーく

Gangs of New York

  • 2002年|アメリカ、ドイツ、イタリア、イギリス、オランダ|カラー|168分|画面比:2.35:1|日本公開2002年12月|Miramax Films

概要

 「タクシードライバー」「グッドフェローズ 」の名匠マーティン・スコセッシ監督が、巨額の予算を投じて手掛けた愛と復讐の一大叙事詩。70年前に出版されたハーバート・アズバリーのノンフィクションを映画化。19世紀半ばのニューヨークを舞台に、ギャング組織の抗争の中で運命に翻弄される男女の姿を壮大なスケールで描く。
 1846年、ニューヨークのファイブ・ポインツでは、アメリカ生まれの住人たちの組織“ネイティブズ”とアイルランド移民たちの組織“デッド・ラビッツ”が対立している。幼少のアムステルダムは、神父でデッド・ラビッツのボスである父親を敵のボス、ビリーに殺された。アムステルダムは投獄され、復讐を誓いながら15年の歳月が過ぎる。アムステルダムが帰ってきたファイブ・ポインツは、ネイティブズに仕切られ腐敗していた。デッド・ラビッツは既に壊滅している。それでもアムステルダムは復讐のため素性を隠しビリーの組織に潜り込んだ。やがてジェニーという女に出会い、次第に惹かれていくのだが…。
(allcinemaより)

アカデミー賞

  • 候補:作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、撮影賞、美術監督・装置賞、衣装デザイン賞、編集賞、録音賞、オリジナル歌曲賞("The Hands That Built America")、主演男優賞(ダニエル・デイ=ルイス)

予告編

Gangs of New York

新着ブログ: ギャング・オブ・ニューヨーク