ギョウジャニンニク

ギョウジャニンニク

(動植物)
ぎょうじゃにんにく

学名:Allium victorialis subsp. platyphyllum
ギョウジャニンニク(行者ニンニク)は、ユリ科ネギ属に属する多年草で食用になる。
日本には近畿以北から北海道にかけて分布しているが、東北より南では高山でしか見られないことから、「行者が食べるにんにく」ということから名付けられたという説が有力。
一般的には北海道の山菜として知られているが、成長が遅いことから自生しているものは激減しており、市場に流通しているものの多くは栽培されたものである。
スズラン、イヌサフランなどの有毒植物に葉の外観が似ており、誤食による食中毒の例もあり注意が必要であるが、ギョウジャニンニクは葉を揉むとニンニク様の強い臭いがするため、区別することができる。


関連語 :植物

ネットの話題: ギョウジャニンニク

人気

新着

新着ブログ: ギョウジャニンニク