クラシックカメラ

クラシックカメラ

(一般)
くらしっくかめら

旧式のカメラのこと。俗称「クラカメ」。
一般的には、1960年代ころまでに製造された機械式のカメラのこと。デジタルカメラ全盛の最中、若者を中心にその良さが再認識され、1997年頃からブームとなった。
現代のカメラがプラスチック製、フルオート、ハイテク、大量生産等を特徴とするのに対し、金属製、手動、個性的なメカニズム、希少性などに価値を見いだされているようである。
ライカやコンタックスといったドイツ製の銀塩カメラは人気が高い。

関連キーワード

  • Leica、コンタックス、ポラロイド、LOMO、ミノルタ、SEAGULL、ローライ、セコール、蛇腹カメラ、二眼カメラ、スプリングカメラ、フィルムカメラ、銀塩カメラ

クラシックカメラ―名機を楽しむためのカメラ情報誌 (No.1) (双葉社スーパームック)

クラシックカメラ―名機を楽しむためのカメラ情報誌 (No.1) (双葉社スーパームック)

クラシックカメラ―埋もれた銘機たち

クラシックカメラ―埋もれた銘機たち

NHK 美の壺 クラシックカメラ (NHK美の壺)

NHK 美の壺 クラシックカメラ (NHK美の壺)

クラシックカメラと遊ぶ

クラシックカメラと遊ぶ

ネットの話題: クラシックカメラ

人気

新着