クラック

(一般)
くらっく

原義:crack

ひび、割れ目、隙間の事。

  • 建物の劣化現象のひとつ。

外壁のひび割れ。
原因として地震、地盤の欠陥、施工の欠陥などがある。

リスト::不動産関連

クラック

(コンピュータ)
くらっく

他のコンピュータに対して行う破壊行為のこと。
→ クラッキング

クラック

(一般)
くらっく

麻薬

クラック

(スポーツ)
くらっく

フリークライミング用語。
岩場の裂け目、またはそのような裂け目を含むルートのこと。
岩の裂け目に手を突っ込んで体を保持する「ジャミング」と呼ばれる独特なテクニックを利用し、フレンズやナッツといった器具(ナチュラルプロテクション)を隙間に噛ませながら登る。
かつてはクラックを登ることがフリークライミングの主たる目的とされた時期があったが、80年代後半〜90年代初頭にフェイスクライミングが主流になって以来、クラックはフリークライミングの特殊な分野として認識されるようになった。
1980年代に名を馳せた日本人クライマー鈴木英貴は、クラックを登ることを得意とした。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ