クリスティーヌ・ラガルド

(一般)
くりすてぃーぬらがるど

[仏] Christine Lagarde
クリスティーヌ・ラガルド(1956年1月1日 - )は、フランスの政治家、弁護士。国際通貨基金IMF)専務理事(2011年7月5日 - )。
パリ第10大学とエクス=アン=プロヴァンス政治学院を卒業。
1981年、アメリカの国際ロー・ファームであるベーカー&マッケンジーのパリ・オフィスで弁護士となる。
帰国後、ドミニク・ド・ヴィルパン内閣の農業・漁業相などを経て、2007年6月からフランソワ・フィヨン内閣の経済・財政・産業相に就任。
2011年6月28日、IMFの理事会にて専務理事に全会一致で選出。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ