クリフハンガー

(テレビ)
くりふはんがー

作劇手法の一つ。絶体絶命のシーン、あるいは謎を残したまま、で「次回に続く」にすること。

欧米のテレビドラマではシーズンの最終回にこの手法を使い、視聴者の次のシリーズへの興味を繋ごうとすることが有る。ただしそのまま制作が打ち切りになり、ストーリーが宙ぶらりんのまま立ち消えになることも多い。

クリフハンガー

(映画)
くりふはんがー

Cliffhanger

  • 1993年|イタリア、フランス、アメリカ|カラー|113分|画面比:2.35:1

概要

目の前で婚約者が滑落死した心の傷を負っているゲイヴは、ロッキー山脈に勤務している山岳救助隊隊員だった。彼は山を降りる決心をするが、雪山から救難要請が入る。救助を求めていたのは実は1億ドルの大金を輸送機ごと強奪した武装強盗団だったが、機が不時着してしまったのだ。そうとは知らずに救助に向かうゲイヴらだったが。
スタローンの鍛えぬかれた肉体が雪山に踊る。衝撃的な特撮映像で見る者をどきどきと驚かせるスリリングな山岳アクション映画。

アカデミー賞

  • 候補:視覚効果賞、録音賞、音響効果編集賞

DVD

クリフハンガー [DVD]

クリフハンガー [DVD]


リスト::外国の映画::題名::か行

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ