クルーグマン

クルーグマン

(社会)
くるーぐまん

Paul Krugman
経済学者。1953年、ニューヨーク郊外のアルバニーに生まれる。
1977年にイエール大学で助教授となった後、スタンフォード大学教授、マサチューセッツ工科大学教授を歴任し、現在はプリンストン大学で教鞭をとる。
貿易理論や為替理論などの国際経済の分野で名を馳せ、近年では日本へのインフレ期待による景気回復策の提言などでも有名となった。
一般向けの経済解説書も多数執筆しており、その分かり易さには定評がある。

2008年、ノーベル経済学賞を受賞。

一般向け経済解説書

  • 「格差はつくられた:保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略」ISBN:4152089311
  • 「嘘つき大統領のアブない最終目標」ISBN:4152086130
  • 「嘘つき大統領のデタラメ経済」ISBN:4152085398
  • 「クルーグマン教授の<ニッポン>経済入門 あるいは、これが本家本元:インフレターゲティングのすべて」ISBN:4393621662
  • 「クルーグマン教授の経済入門」ISBN:4532192021
  • 「恐慌の罠―なぜ政策を間違えつづけるのか」ISBN:4120032337
  • 「世界大不況への警告」ISBN:415208233X
  • 「グローバル経済を動かす愚かな人々」ISBN:4152082070
  • 「資本主義経済の幻想―コモンセンスとしての経済学ISBN:4478200475
  • 「グローバル経済を動かす愚かな人々」ISBN:4152082070
  • 「クルーグマンの 良い経済学 悪い経済学」ISBN:4532145627

関連キーワード

  1. リスト::経済関連
  2. 流動性の罠


ネットの話題: クルーグマン

人気

新着

新着ブログ: クルーグマン