クロスカップリング

(サイエンス)
くろすかっぷりんぐ

 2010年のノーベル化学賞を受賞した鈴木章根岸英一両氏の受賞理由になった反応。触媒、たとえばパラジウムや硼素を用い、2種類の化学物質からまったく新しい物質を合成する手法。
クロスカップリング: R-X + R'-Y → R-R'
上の式で、X、Yが触媒である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ