グラス・スティーガル法

(社会)
ぐらすすてぃーがるほう

Glass Steigal Act
アメリカ合衆国の、1933年成立の銀行法
銀行の証券引受業務と株式の売買を禁止していた。また銀行事業会社株式の保有も禁じている。
1970年代から緩和が続き、1990年代後半にチェース・マンハッタンによるJPモルガン吸収を契機に投資銀行商業銀行の相互参入は事実上死文化した。
1999年のグラム・リーチ・ブライリー法により銀行業務と証券業務の分離については撤廃された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ