グラナダ

(地理)
ぐらなだ

Granada


スペイン南部アンダルシア自治州 (Comunidad Autónoma de Andalucía) に都市でグラナダ県 (Provincia de Granada) の県都。人口は約239,000人。

イベリア半島に残った最後のイスラム王朝 (ナスル朝グラナダ王国) の首都。1492年、イサベル1世とフェルナンド1世がグラナダを制圧することでレコンキスタ (国土回復運動) が終了した。カトリック両王はこの地を墓所とし眠りについている。イスラム文化がグラナダに残したものは多く、アルハンブラ宮殿 (Al hambra*1 ) が有名。
1984年、アルハンブラ宮殿ヘネラリフェ庭園アルバイシンが世界遺産に登録される。

スポーツ

サッカークラブ 「グラナダCF (Granada Club de Fútbol)」 の本拠地でもある。

*1:スペイン語で H は発音しないため、現地語で「アランブラ」と発音される。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ