グルンガスト

(ゲーム)
ぐるんがすと

スーパーロボット大戦シリーズに登場するロボット。
テスラ・ライヒ研が開発したスーパーロボット。
いわゆる「スーパー系」のオリジナルロボットとして有名。
零〜参号機まで存在する。

グルンガストシリーズ

グルンガスト零式

グルンガストシリーズの試作機。変形機構は搭載されていない。
「出刃包丁」などと喩えられたりする巨大な実剣「零式斬艦刀」を装備している。

  • 主なパイロット:ゼンガー・ゾンボルト.リシュウ・トウゴウ
  • 初出:スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION

グルンガスト

零式とゲシュペンストMk-II・Sのデータを元にテスラ・ライヒ研究所が開発した対異星人戦闘用スーパーロボット。
戦闘機形態と戦車形態に変形できるなど高い汎用性を持つが、それゆえ整備が難しい・機体が巨大などの欠点もある。
近接格闘型で、中・遠距離戦は苦手。
主な武装は「ブーストナックル」「ファイナルビーム」「計都羅喉剣」など。必殺技は「計都羅喉剣・暗剣殺」。

『スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS』では、頭部デザインが変更の赤いカラーの2号機も存在する。

グルンガスト弐式

量産試作型のグルンガスト。そのため、戦車形態のオミットなど一部簡略化されている。
結局、コストの問題などからトライアルでヒュッケバインMK-IIに負け、量産化は見送られた。
試作型にはT-LINKシステムと「計都瞬獄剣」が装備されている。

ゲーム中では、グルンガストより全体的に射程が長いなど使い勝手は向上しているが、攻撃力は劣るという性能になっている。
そのためか、グルンガストシリーズで唯一パーソナルトルーパーに分類される。*1

グルンガスト参式

最新のグルンガスト。しかし指パッチンで真っ二つにされたりマシンセルで変化させられたりと、ヒュッケバインMk-IIIに比べかなりの不遇を受けている機体。
新型の液体金属製大剣「参式斬艦刀」装備型・ブリット&クスハ用にT-LINKシステムを搭載した二人乗り型ともう1機の、計3機製造された。T-LINKシステム装備型が1号機、斬艦刀装備型が2号機で、戦闘機と戦車に分離・合体が出来るが、2号機は単座式に改修されている。
斬艦刀装備型は戦闘中に大破、T-LINKシステム搭載型は龍虎王にパーツを使用することになった。

また、近日発表されたOVA版にて、ブリットが再び搭乗することになった(二人乗りかどうかは不明。3号機)。

『スーパーロボット大戦α外伝』においては、「スレードゲルミル」と改造され登場する。

*1:他は「特機」と呼ばれる

*2:名前自体は「α」から登場している。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ