ケインズ革命

(社会)
けいんずかくめい

経済界の巨人、ケインズの登場によってもたらされた経済学・経済政策上の革新を指す。
「供給が需要を作る」という古典的なセイの法則を否定して有効需要という概念を発明し、「需要が供給を作る」と主張した。そのため不況の克服には不足している需要を補うための総需要管理政策(ケインズ政策)が必要であるとした。

  • 関連キーワード
    • リスト::経済関連
    • ケインジアン
    • サプライサイド経済学
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ