ケツァルコアトルス

ケツァルコアトルス

(動植物)
けつぁるこあとるす

翼竜の一種。世界史上最大の飛行生物。

  • 最初の化石は、1971年、アメリカ・テキサス州で発見された。
  • 名は、アステカの神「ケツァルコアトル」に由来する。
  • 中生代白亜紀後期に生息していた。
  • 翼開長は10〜18mともされ、同じ翼竜として有名なプテラノドンよりも大きい。体重は70kgと軽い。
  • 地上では、その長い前肢と頑丈な後肢で素早く四足歩行していたと考えられる。
  • 飛行速度は時速50〜60km。主に滑空していたものと考えられる。

新着ブログ: ケツァルコアトルス