ゲゼルシャフト

ゲゼルシャフト

(一般)
げぜるしゃふと

【(独)Gesellschaft】
ドイツの社会学者F.テンニースが唱えた社会類型の一つ。
ゲマインシャフトに対し、人間がある目的達成のため作為的に形成した、観念的・機械的組織体としての社会。
日本語では「利益社会」「集列態」などと訳される。

参照:goo辞書 りえき-しゃかい【利益社会】
google:ゲゼルシャフト

  • 特徴
    • 個体性が根本をなし、共同性は二次的な合成によって付加されている
    • 共同性は人々に外在
    • インパーソナルで打算的な人間関係
    • いかなる結合に関わらず本質的には分離したままでいる
  • 参照:http://www.tabiken.com/history/doc/F/F263R100.HTM

関連キーワード

このキーワードは編集待ちキーワードです。説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。

ネットの話題: ゲゼルシャフト

人気

新着

新着ブログ: ゲゼルシャフト