ゲートキーパー

ゲートキーパー

(社会)
げーときーぱー

地域や職場で発せられる自殺のサインにいち早く気付き、適切な対処を行い、専門相談機関へつなぐ役割を担う人のこと。自殺対策に関する知識を持つ人のこと。「命の門番」と言われる。(Gate keeper(英語)・・門番の意。)
自殺志望者に対する知識やメンタルケア、応急処置などの専門知識が必要とされ、関連機関や自治体が研修やワークショップを実施し、積極的に人材育成を行っている。

ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る人のことです。

http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/kyoukagekkan/gatekeeper.html

世界自殺予防デー(9月10日)

WHO(世界保健機関)が定めた、全世界的に自殺予防対策を推進する日

GKB47

内閣府の自殺対策強化月間のキャッチフレーズ(2012年)。「ゲート・キーパー・ベーシック」の頭文字をとり、AKB48にならって作られたが、社会的批判が集中してお蔵入りとなった。 →「GKB47

ゲートキーパー

(ウェブ)
げーときーぱー

→ゲートキーパーズ

ネットの話題: ゲートキーパー

人気

新着

新着ブログ: ゲートキーパー