Hatena Blog Tags

コアコンピタンス

(一般)
こあこんぴたんす

core competence
企業の競争力の中核となる事業・技術。
国で言えば、海外に輸出している商品や、関連する技術。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

ベストセラーの謎 ――挨拶を忘れるフランス人じゃありません ルブラン「ルパン対ホームズ」 タロウ記 「中野太郎は知恵ある少年であった。浦河町、厚沢部町、松前町の小学校で、一番の成績を取り、末は博士になるであろうと言われた。だが松前中学校で三番になり、函館東高校で悲惨な成績を取るに従って、これはどうしたのであろうか、太郎は全知全能の神ではないかと思っていたが人間であり、サボっていると成績が落ちると知った。太郎は大学はようやく法政に受かったが入試の成績が良く奨学金をもらったが風俗に行ってしまった。風俗には千回も行ったが無駄だった。快楽のみが悟りではないと思った。高校に習ってろくに勉強をしなかった。…

経済的小説 中野うつけ太郎信長 ――ワザ、ワザ 太宰治「人間失格」 1 経済学の混乱 今日、経済学はひどい混乱に陥っている、特にミクロ経済学が全く現実無視で物理学やマクロ経済学のように理論と観察をきっちりやっておらず、理論にための理論しかやってないから、ほぼ使えない。まずミクロ経済学が中級テキストではお金儲けの話かと書かれていたが、ミクロ経済学はある種の一般教養としては役立つものの、ゲーム理論以外、金儲けには一切役に立たない。手っ取り早くお金儲けを学びたいなら、マルクス経済学のモデルと、経済学のモデルを参照にすることが大事で、これらは理論と観察を比較的まともにやっていただけあって、まあマルクス…

作家のなり方 ――あなた方はしなわれた世代です ヘミングウェイに 中野うつけ太郎信長 大学で恋をしなくてどこで恋をするの? とViVeの女子が言った。僕はどこだっていいじゃねえかよと吐き捨てたがったが、思い切り抱きついて女の子の胸で泣いてみた方がよかったかもしれない。万事につけこの調子であった。どうせこのリア充に見せかけた女子が裏でコミケに行こうが知ったことじゃなかった。ただ一つわかっていることは僕らは分かり合えないのだということははっきりしていた。その意味ではわかりあっていたのかもしれない。ただ思うのは僕は悲しいでもなく寂しいでもなく、早くこの三文芝居をやめて次の舞台を探していたということだ…

日本の企業改善案 ラッキーですね。世界最高の企業参謀、将来ノーベル賞を三部門、数学のアーベル賞を取る経済学者の問題提起書なんてそうは読めません。さて公共事業下請け一本、人件費をピンハネしてケチって深夜残業させる企業スタイルは確かに潰れない経営だが、今日はそれだけで企業としては失格だ。企業はあくなき社会貢献と利潤追求をせねばならず、それを全く果たしていないからである。人件費をケチって深夜残業させている場合、まず社員が恐ろしく不健康で、士気が異様に低く、製品にもミスやトラブルが連発して、製品のクオリティは恐ろしく低い。また余暇型より生産性が恐ろしく低い。人件費は二倍程度にして人員増して定時で全社員…

戦争論 ――大学で恋しないでいつ恋するのよ VIVE女子――うつしちゃえ 悪友 中野うつけ太郎信長 神取麻衣様 平和は難しくない。ただ不戦不可侵条約網を世界で作り、平和憲法を世界で組み込み、万一戦争になったらシミュレーションで戦うと決めておくだけだ。これだけのことなのに、世界中の政治家はそれをしていない。無能なのか、悪意なのか知らないが、不戦条約網を言い出す政治家は一切いないのである。 起承転結 平和にしろ戦争にしろ。起承転結のように物事が起こることは滅多にない。普通は何も起こらず。人々は人生を浪費する。ぶくぶく太って、醜くぶうぶういう。女子高生が身体を売ったりする。 起起承転結 起承転結でで…

宗教勧誘とともに愛国心としての恋愛の勧め、草食化が六割を占める日本は相当やばい。草食系が多く日本の将来が心配ですが恋愛は簡単です。まずは男子はモテる技術と女子はそれの女子版を買ってあとは満喫で少女漫画を読んでお勉強すれば誰でもできます。もちろん男子は決して浪費してはいけませんが、節約してコスパの良いデートを心がけ、たとえば映画は図書館利用、公園と金を使わずウインドーショッピングをしてランチ中心にしてディナーはここぞということだけにするといいでしょう。あとホテルは極力節約して自分や彼女の部屋を最大活用すると安いです。そもそも高校生でブランド品とかに手を出すのはダサいわけで、コスパ良くたまにプチ高…

複素数は完全。超越は超越複素数。終わりは始まり。システム超越完全全体部分システムとは四元組織は三元、進化は五元、二元は上下、一元は神、ゼロ元は笑い、マイナスは哀しみ。整数は正しさ、自然数は喜び、実数は力、虚数は法則、有理数は願い、無理数は祈り、少数は可能性、分数は理解、無限はうつけ。濃度は正しさ明智光秀、臨海は本能寺、外は夢。そしてついに明智光秀が助けに来る。加勢する本能寺、秀吉、家康殿。戦国の諸将。。団結。。

。宮台や鶴見は東大文学部の末裔だけども、東大文学部も落ちたもんです。簡単に社会に絶望して自殺だ戦争だというのがどうして社会学や文学なのか不思議だけども。実に簡単に絶望する。鶴見はもうどうしようもない社会だと簡単に言って自殺を勧めるわけですが、派遣労働を廃止したり長時間労働を是正したり社会改良なんていくらでもできる。宮台は簡単に終わらない日常というわけですが、別に祝祭を増やしたり、社会の意味化は実は簡単なんです。鶴見と宮台は東大文学部だからもっと責任ある発言をすればいいんだけど思考停止して絶望しちゃう。極め付けは公がもう破壊されたから戦争でリセットしようという小林よしのりです。言論人というものは…

理論レベル四法印。。これが究極の境地か四法印超越。。

簡単にまとめよう。資本主義ではどうやって利潤ができるのか。これは学習効果、さまざまなものができる便利な仕組みと独占寡占などの不等価交換不完全競争、そして搾取がある。中小企業などで肉体的搾取、中流官庁で精神的搾取がある。学習効果にも限界がある。今日はそんなとこだろう。主人公は超能力者、法政大学社会学学士、ラフノールの鏡など超人ロックの超能力を使う。学問使いであり一応どのクラスの学問にも対応する。Bクラスエスパーだが学問力でSクラスエスパーともたたかえるー超人ロックを師とする。 資本主義は学習効果もあるが価格という点数で評価されたものが良いとは限らない。売れるもの自体が正しいとは限らないのである。…