コエドブルワリー

コエドブルワリー

()
こえどぶるわりー

埼玉県川越市に所在する地ビールの製造、販売業者。名称の由来は川越の別名「小江戸」。
主力品種の1つ「Beniaka」は川越芋(紅赤)を使用、サツマイモを原料にした世界初のビールである。工場は、近隣の埼玉県入間郡三芳町上富に設置されている。

製品

  • 伽羅 -Kyara- 濃厚でなめらかな伽羅色のビール。
  • 瑠璃 -Ruri- プレミアムピルスナービール。さわやかな飲み口が特徴。
  • 白 -Shiro- 無濾過の小麦麦芽を使用したビール。
  • 漆黒 -Shikkoku- 2種類のブラックモルトの他、6種類の麦芽を配合した、長期熟成ビール
  • 紅赤 -Beniaka- 長期熟成プレミアムラガー。麦芽と薩摩芋を原料とする。さつま芋を原料とするため、酒税法上「発泡酒」に分類されている。

新着ブログ: コエドブルワリー