コグニティブ・コンピューティング

コグニティブ・コンピューティング

(コンピュータ)
こぐにてぃぶこんぴゅーてぃんぐ

経験を通じてシステムが学習し、相関関係を見つけて仮説を立てたり、また成果から学習することができるシステム。Cognitive Computing。

概要

1950年代、主なコンピュータ会社は知能的なコンピュータシステムを開発しようとしていたが、当初のコンピュータは技術的にも制限されており、パラメータを教え込むことができるが、そこから状況を解析し、判断をし、結論に至ることが困難であった。
しかし認知科学の研究が進むことで、人間の脳に対する生物学的な見地が深まり、「人間の心」をモデルにした、学習し、判断できるコンピュータシステムを作る手がかりとなった。コグニティブ・コンピューティングは神経回路のアイデアを生かし、コンピュータが判断するために整理する出来事や経験の積み重ねを作り上げて行くことで実現するとされる。
このような技術は航空機や船などのナビゲーションシステムなどに用いられ、危機的ではない通常の環境下において運用されることが考えられる。
近年ではIBMにより、作表機(タビュレーター)の時代からプログラム可能なコンピュータの時代、そしてそれが小型化したPCやスマートフォンの時代を経た後に登場する新たなシステムとして提唱されている*1

主な例

関連キーワード


Smart Machines: IBM's Watson and the Era of Cognitive Computing (Columbia Business School Publishing) (English Edition)

Smart Machines: IBM's Watson and the Era of Cognitive Computing (Columbia Business School Publishing) (English Edition)

ネットの話題: コグニティブ・コンピューティング

人気

新着