コバラミン

コバラミン

(サイエンス)
こばらみん

ビタミンB12のこと。赤い。
甲状腺が正常ならば、カルシウムと結合し吸収される。
体内に蓄えられる唯一の水溶性ビタミン。
赤血球をつくる、神経系の健康を保つ(とくに集中力・記憶力、精神安定)、成長・食欲をうながす、
脂質・炭水化物・たんぱく質の代謝を助ける、有害物質ホモシステインを壊す(心臓病予防)、
喫煙による発ガンを防ぐ、エネルギーを高める。


胃ではよく吸収されないので、舌下錠かタイムリリースタイプ、注射が効果的。
葉酸+コバラミンは強力な活力剤。

新着ブログ: コバラミン