コピーキャット

コピーキャット

(読書)
こぴーきゃっと

copy cat

模倣犯・あるいは「猿真似」の意味。

ラウリ マエロフ Luri Maerov(原著)、羽田詩津子(翻訳)
文庫:325p;サイズ(cm):148x105
出版社:新潮社
(ISBN:4102474013)
(1996/01)

内容(「BOOK」データベースより)
犯罪心理学者のヘレン・ハドソンは、連続殺人鬼のカラムに命を狙われて以来、広場恐怖症になり、部屋に籠もって怯え暮らしてきた。サンフランシスコ市警の辣腕女性刑事モナハンは、再び起きた女性連続殺人を解決する糸口を探していた―。モナハンの要請で、連続殺人の手口を分析したハドソンは、不気味な事実に気がついた。誰かが過去の異常犯罪の手口をコピーしていることに…。

ネットの話題: コピーキャット

人気

新着

新着ブログ: コピーキャット