コペン

(一般)
こぺん

ダイハツの軽自動車。2002年6月に発売。

  • 軽の「世界最小電動開閉式ハードトップ・オープンスポーツカー」名前の由来は「Compact Open」から。*1
  • 生産は一般的なベルトコンベア生産ラインを使わず、ダイハツ工業池田工場「エキスパートセンター」内にて熟練工の手によって組み立てられている。
  • 海外輸出向けに1.3Lエンジン、左ハンドル仕様車も生産しているが国内未発売。

※ホンダビートやマツダAZ-1のミッドシップや、スズキカプチーノの後輪駆動は採用せず、軽自動車の駆動形式の主流である前輪駆動を採用している

  • 2012年8月末をもって生産終了

リスト::自動車

*1:モーターショーに参考出品時には「Kopen」の名前だったがこれはK(軽)のオープンと云う意味

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ