コレージュ・ド・フランス

(読書)
これいじゅどふらんす

「コレージュ」とは英語で「カレッジ」(=college)であり、つまりは総合大学の「university」に対抗する「単科大学」のことである。よって、ここではフランスの最高学府のことだ。
20世紀を代表する思想潮流の源泉だった。
1530年に国王フランソワ1世により設立される。当初は古典語であるヘブライ語やギリシア語、ラテン語と数学が、王立教授団により公開講義された。当初の王立教授団のメンバーは以下のもの。
なお入学に特別な試験や資格は必要なく、誰でも自由に聴講できる。その意味では日本における市民大学と同じような位置付けにある。

  • ギリシア語
    • ピエール・ダネス Pierre Dan醇Qs
    • ジャック・トゥーサン Jacques Toussain
  • ヘブライ語
    • フランソワ・ヴァターブル Fran醇Mois Vatable
    • アガティアス・ギダセリウス Agathias Guidacerius
  • 数学
    • オロンス・フィネ Oronce Fin醇P
  • ラテン語
    • バルテルミー・ル・マソン Barth醇Plemy Le Ma醇Mon
  • 文学
    • ロラン・バルト Roland Barthes
  • 思想
  • 社会学
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ