コールマン・ホーキンス

(音楽)
こーるまんほーきんす

Coleman Hawkins(1904*1−1969)ジャズ テナーサックス奏者
ジャズ・テナーの始祖ともいうべき存在であり、豪放で揺るぎのないブローは真に男性的と呼ぶにふさわしく、絶大な人気と影響力を誇った。
'39年、作・編曲に指向が偏りつつあったビッグバンド全盛期のさなか発表された彼の「ボディ・アンド・ソウル」は、ジャズにおける個人即興の重要性を再認識させ、更にはビバップに道を開いたとして画期的演奏に位置づけられる。

*1:1901とも

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ