Hatena Blog Tags

コールラビ

(動植物)
こーるらび

Kohlrabi、カブカンラン(蕪甘藍)、カブタマナ(蕪玉菜)とも。


アブラナ科の越年草。

味、食感はブロッコリーの茎やキャベツの芯に似ており、柔らかく甘みがある。


[rakuten:ideshokai:10002373:detail]


:植物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

「鎌倉農協連即売所」に行ってきました.鎌倉市西部と隣接する横浜市の農家さんたちが,生産農作物を自販している即売所.開設は昭和三年とのこと.私が子供の頃は「市場」と呼んでいましたが,ご近所の方が呼んでいる「れんばいじょ」が通称かと思います.最近やや元気がない気がして心配ですが,それでもファンは多く,最近の「珍しい野菜の多品種少量」の生産販売方針に合わせて,飲食店プロの方々の支持も得ているようです.今日は,ブロッコリーとホウレンソウ,変わり種としてコールラビを買い求めて帰宅.

今日は,久しぶりに「鎌倉農協連即売所」に行ってきました. 鎌倉市西部と隣接する横浜市の農家さんたちが,生産農作物を自販している即売所で,歴史は古く昭和三年開設とのこと. http://kamakurarenbai.com/custom.html 母親は「お百姓市場」と呼んでいましたっけ.私が子供の頃は「市場」といえばここ.ご近所の方は「れんばいじょ」と言っていますが,こちらの方が通称としては一般的のような気がします. 一時に比べて,売り場全体にやや元気がなくなっている気がして心配ですが--- それでもファンは多く,最近の「珍しい野菜の多品種少量」の生産販売方針に合わせて,飲食店プロの方々の支持…

カリフラワー 久しぶりに購入しました.スーパーには紫色のものも販売されていました.品種としてはグリーンやオレンジも.英語cauliflowerの元々の語源はラテン語caulis(キャベツ)とflōs(花).その名の通り,キャベツと同種です.「花蕾が肥厚化したものがブロッコリーに分化し,カリフラワーは原始型ケールからの変異種とされている」とありました.確かにブロッコリーの方がビタミンやたんぱく質が多いといえますが,カロテンを除いた栄養素はブロッコリーと大きな違いはないといってよいかと思います.

カリフラワーを購入.久しぶりです. すこしオレンジ色がついているように見えます. スーパーには紫色のものも販売されていました.右の写真はブロッコリー. 品種としてはグリーンやオレンジもあり,これらは人気が出そうな気がします.特にオレンジは私好みです. カリフラワーの栄養的な弱点(=カロテンがほとんどない)は,かなり解消されていると思いますし,色も美しい.パープルを食べるのには抵抗がある人がかなりいるのでは? https://en.wikipedia.org/wiki/Cauliflower カリフラワーは英語でcauliflower. 語源はイタリア語のcavolfioreで,「キャベツの花」…