ゴンサロ・ルバルカバ

ゴンサロ・ルバルカバ

(音楽)
ごんさろるばるかば

Gonzalo Rubalcaba (1963-)
キューバ出身のジャズ・ピアニスト。
チャーリー・ヘイデンらによって見出され、1989年、モントルー・ジャズ・フェスティバル出演により世界進出。
キューバと国交のないアメリカでの生活、演奏活動が許されている数少ないアーティストである。