ゴンドワナ

(サイエンス)
ごんどわな

Gondwana
プレートテクトニクスにおいて存在が仮説されている大陸。現在のアフリカ大陸、南米大陸、南極大陸、オーストラリア大陸、アラビア半島、インド半島、マダガスカル島に相当。

パンゲア大陸以前

 約6億年前に、超大陸ロディニアが分裂し、南極から赤道にかけて存在した大陸をゴンドワナと呼んだ。石炭紀の3億年前に北上し、赤道付近にあったローラシア大陸と衝突し、パンゲア大陸となった。

パンゲア大陸以後

 ジュラ紀中期の1億8000万年前頃パンゲアが再分裂しローラシア大陸とゴンドワナ大陸となった。ジュラ紀後期には更に東西二大陸に分裂。白亜紀に西ゴンドワナ大陸はアフリカ大陸と南アメリカ大陸に、東ゴンドワナ大陸は、インド亜大陸+マダガスカル島の大陸と南極+オーストラリアの大陸のに分裂した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ