ゴンドワナ大陸

(地理)
ごんどわなたいりく

(Gondwanaland)
約3億年前の古生代後期から約1億年前の中生代半ばころまで、南半球を中心に存在したと推定される超大陸のこと。この大陸はその後分離移動して現在のアフリカ、南アメリカ、オーストラリア、南極大陸、マダガスカル、インドなどを形成したものとほぼ確定的に考えられている。ゴンドワナ大陸の北側には、テチス海(古地中海)をへだてて「ローラシア大陸」があった。古生代前半や先カンブリア時代にゴンドワナ大陸とローラシア大陸とは一連の陸地を形成していたと推定されており、この超大陸を「パンゲア大陸」と呼んでいる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ