ゴールドアリュール

ゴールドアリュール

(スポーツ)
ごーるどありゅーる

ゴールドアリュール

生年月日 1999年3月3日生まれ・牡・鹿毛
生産者 追分ファーム(北海道追分町)
サンデーサイレンス
ニキーヤ
母の父 Nureyev(ヌレイエフ)
馬主 (有)社台レースホース
管理調教師 池江泰郎(栗東)
競走成績 16戦8勝(うち地方4戦3勝)
主な勝ち鞍 ジャパンダートダービー ダービーグランプリ
フェブラリーS 東京大賞典 アンタレスS
備考 2002年JRA賞最優秀ダートホース NARグランプリ特別表彰馬



ゴールドアリュールは栗東トレーニングセンター池江泰郎厩舎に所属した引退競走馬。2001年11月にデビューし2戦目に初勝利。デビュー以降芝のレースを使われたが勝ちきれないレースが続き、初ダートとなった2002年4月の500万下で2勝目を挙げると、オープンの端午Sも勝ち日本ダービーへと駒を進めた。ダービーでは低評価ながら5着と善戦したものの、以降はダート路線に転向しジャパンダートダービーでは後続に7馬身、ダービーグランプリでは大差をつけ優勝。初の古馬戦となるジャパンカップダートでは2番人気で5着に敗れたが、暮れの東京大賞典も制し2002年のJRA賞最優秀ダートホースに選出された。2003年シーズンはフェブラリーSに優勝しドバイワールドカップに出走を予定していたのの、中東情勢悪化のため遠征の目処が立たず回避した。アンタレスSでは後続に8馬身をつける大勝で引き続き活躍が期待されたが、6月の帝王賞ではデビュー以来初となる11着の惨敗を喫した。その後の検査にて喘鳴症の診断を受け、2003年7月に引退が決まった。現在は種牡馬として社台スタリオンステーションに繋養され、初年度産駒からスマートファルコンなどの活躍馬を輩出している。

ゴールドアリュールの血統



サンデーサイレンス
*Sunday Silence
Halo Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
ニキーヤ
*Nikiya
Nureyev Northern Dancer Nearctic
Natalma
Special Forli
Thong
Reluctant Guest Hostage Nijinsky
Entente
Vaguely Royal Vaguely Noble
Shoshanna


リスト::競走馬

新着ブログ: ゴールドアリュール