サイレンススズカ

(スポーツ)
さいれんすすずか

サイレンススズカ

生年月日 1994年5月1日生まれ・牡・栗毛
生産者 稲原牧場(北海道平取)
サンデーサイレンス
ワキア
母の父 Miswaki(ミスワキ)
馬主 永井啓弐
管理調教師 橋田満(栗東)
競走成績 16戦9勝(うち海外1戦0勝)
主な勝ち鞍 中山記念 小倉大賞典 金鯱賞 宝塚記念 毎日王冠
備考 1998年JRA賞特別賞 半弟ラスカルスズカ



サイレンススズカは栗東トレーニングセンター橋田満厩舎に所属した競走馬。1998年宝塚記念優勝馬。気性難から旧齢表記4歳時は安定した成績を残せなかったが、鞍上に武豊騎手を迎えた5歳時に才能を開花させる。圧倒的なスピードを活かした大逃げで人気を集め、重賞4連勝で宝塚記念を制しGIホースに。毎日王冠では当時無敗のエルコンドルパサーとグラスワンダーにも2馬身1/2差を付けた逃げ切りで完封している。次走の天皇賞(秋)を断然の1番人気で迎えたサイレンススズカは1000メートル通過57秒4という驚異的ペースの大逃げでレースを運んだものの、東京競馬場スタンドから望んだ大欅の向こう、3角から4角に向かう途中で左手根骨粉砕骨折の故障を発症。そのまま安楽死処置がとられた。「仮に故障が無かったら結果はどうだったのか」という天皇賞のレース運びと、現実での壮絶な結末ゆえに多くの競馬ファンにとって忘れられない競走馬である。競走馬としての成長過程で生涯を終えており、その実績からファンの間での能力的評価はほぼ二分されている。しかしながら生産者、騎手といった競馬関係者の評価は高く早世が惜しまれた。

全競走成績

年月日 競馬場 レース名 着順 騎手
1997年2月1日 京都競馬場 芝1600 4歳新馬 新馬 1 上村洋行
1997年3月2日 中山競馬場 芝2000 弥生賞 GII 8 上村洋行
1997年4月5日 阪神競馬場 芝2000 500万下 500 1 上村洋行
1997年5月10日 東京競馬場 芝2200 プリンシパルS OP 1 上村洋行
1997年6月1日 東京競馬場 芝2400 東京優駿(日本ダービー) GI 9 上村洋行
3ヶ月間休養   放牧      
1997年9月15日 阪神競馬場 芝2000 神戸新聞杯 GII 2 上村洋行
1997年10月26日 東京競馬場 芝2000 天皇賞(秋) GI 6 河内洋
1997年11月16日 京都競馬場 芝1600 マイルCS GI 15 河内洋
1997年12月14日 沙田競馬場 芝1800 香港国際C GII 5 武豊
1998年2月14日 東京競馬場 芝1800 バレンタインS OP 1 武豊
1998年3月15日 中山競馬場 芝1800 中山記念 GII 1 武豊
1998年4月18日 中京競馬場 芝1800 小倉大賞典 GIII 1 武豊
1998年5月30日 中京競馬場 芝2000 金鯱賞 GII 1 武豊
1998年7月12日 阪神競馬場 芝2200 宝塚記念 GI 1 南井克巳
3ヶ月間休養   調整      
1998年10月11日 東京競馬場 芝1800 毎日王冠 GII 1 武豊
1998年11月1日 東京競馬場 芝2000 天皇賞(秋) GI 中止 武豊


サイレンススズカの血統



サンデーサイレンス
*Sunday Silence
Halo Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
ワキア
*Wakia
Miswaki Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Hopespringseternal Buckpasser
Rose Bower
Rascal Rascal Ack Ack Battle Joined
Fast Turn
Savage Bunny Never Bend
Tudor Jet


リスト::競走馬

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ