Hatena Blog Tags

サウジアラビア

(地理)
さうじあらびあ

アラビア半島のイスラム王政国。1932年にイブン・サウードによって建国された。世界最大の産油国であり、両聖地(メッカメディナ)の守護者としてアラブの指導的地位にある。
国旗は緑色。白い文字は「アッラーの他に神はなく、ムハンマドはアッラーの使徒である」というイスラム教の信条。その下に、抜かれた剣が信条と平行に描かれている。
国旗は日の出から日没まで、政府公共機関の建物、同国大使館、領事館に掲揚され、重要な国の行事にも掲揚される。国境、警察署、税関、国境警備隊、空港、海港では、昼夜を問わず掲揚されなければならない。
国旗に書かれたイスラム信条を汚さないため、国旗を半旗にしたり、地面や水につけたりしてはいけない。

フセイン政権時のイラク国軍兵のなかに傭兵としてサウジアラビア人がいたことやアルカイダに資金援助した形跡から、アメリカにテロリスト援助国としての疑惑をかけられた事もある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ イスタンブールの領事館で殺害され、バラバラに切り刻まれた「カショギ氏」の遺体は今もまだ見つかっていない。 バイデン政権は「皇太子の承認があった」と踏み込む内容の報告書を解禁した。 しかし同時に、イラン包囲網等との関係で大国サウジとの戦略的な関係は維持しなければならない。 「トカゲの尻尾切り」で終わらせない手段として期待されていた。 しかし、これが「バイデン新政権」による報告だった。 少なくとも現時点では「玉虫色の決着」に終わった。クレイジー!

フランス大統領 エマニュエル・マクロン へ 2021-04-14:拝啓 アメリカは弱くなった!アメリカは「ドル」を稼いで「世界の警察官」に地位をとりもどせ!バイデン政権は中国にだけは「人権問題」で強気になれる!米国は「人権問題」を政治利用するようになった! 日本に対しては、米国は無罪のカルロスゴーンの逃亡を助けた米国人親子を日本に引き渡した!米国は北朝鮮による「日本人拉致被害者を救済するブルーリボン」を米国側も着用して日本との「安全保障の会談」をした。まさに「土下座外交」だ!北朝鮮を騙したのは日本政府です。日本の「騙しの外交」を一方的に支援すべきではない!米国は「過去の経緯」を調べたうえで公正…