サツマゴキブリ

(動植物)
さつまごきぶり

学名:Opisthoplatia orientalis
ゴキブリ目マダラゴキブリ科の昆虫。

分布

四国、八丈島、小笠原諸島、九州南部、南西諸島。
近年、静岡市、千葉県浦安市と千葉市で人為的な発生が報告されている。

特徴

体長25〜40mm、全体的に光沢のある漆黒色で、脚は赤褐色。体型は小判型で、翅がなく、鱗状。


関連語 リスト::動物 リスト::昆虫

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ