サラ・ペイリン

サラ・ペイリン

(社会)
さらぺいりん

Sarah Louise Palin
アメリカの女性政治家。共和党所属。アメリカ合衆国アイダホ州出身。アイダホ大学卒業。
大学卒業後はアンカレッジのテレビ局のスポーツ・リポーターとして活躍。1988年に夫のトッド・ペイリンと結婚し、夫とともに漁師として漁業などに従事していた。1992年にワシラ市議会議員に当選して政界入り。ワシラ市長などを経て2006年12月4日に第11代アラスカ州知事に就任した。また、2008年のアメリカ大統領選挙においては、共和党の副大統領候補にもなった。

ペイリン

新着ブログ: サラ・ペイリン