サルコペニア肥満

(サイエンス)
さるこぺにあひまん

筋肉が老化などで落ちたところに脂肪が乗るタイプの肥満。

サルコペニア」とは、ギリシア語の「サルコ=筋肉」「ペニア=低下」を合わせた造語で、主に加齢によって筋肉量が減少する現象のこと。
筋肉がやせ細ったところに脂肪が乗るため、身長や体重は変わらないにも関わらず肥満になる。対策法には、筋肉量を増やすこと、筋肉の質を高めること、食事内容を見直すことなどが挙げられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ