サワシリン

(サイエンス)
さわしりん

ペニシリン系の代表的な抗生物質。グラム陽性菌を中心に、大腸菌やインフルエンザ菌(※)などグラム陰性菌の一部にも有効。緑膿菌やセラチアには効果がない。扁桃炎や咽頭炎、気管支炎、中耳炎など比較的軽い感染症に用いることが多い。(※細菌のインフルエンザ菌と、インフルエンザ ウイルスとは種類が違う)
安全性の高い抗生物質ですが、まれにアレルギー症状を起こす。
カプセルのほか、子供向けのシロップ用細粒がある。
胃潰瘍などにおけるピロリ菌の除菌にも用いる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ