サンゲリア

(映画)
さんげりあ

Zombi 2

  • 1979年|イタリア|カラー|91分|画面比:2.35:1

解説

父親を探しているアンは、新聞記者のピーターと共に、カリブ海に浮かぶ島に向かう。そこでは謎の伝染病が発生し、死んだ者はゾンビとなって蘇り、生者の人肉をむさぼり喰っていた・・・。
ジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』大ヒットの影響で作られたスプラッター・ゾンビ映画。それまでマカロニ・ウェスタン映画などでも残酷描写のみ抜きん出ていた監督ルチオ・フルチは、自らの個性を最大限に発揮。病的な残酷描写とばっちいゾンビの造形が強烈で、後にクエンティン・タランティーノら一部ファンからの熱狂的な支持を得る事になる。フルチ自身が本作のヒットで気を良くして『サンゲリア2』を監督するが、内容は本作とは全く関係無い。フルチ作品としては『地獄の門』『ビヨンド』と並ぶ人気作。

  • 1980年に日本公開されたときは、残酷描写は青いフィルターがかけられていて、具体的にはよく分からないようになっていた。
  • 劇場公開時の配給会社は東宝東和。ゾンビを「サング」と勝手に名付け、字幕・パンフレット・チラシなど、全てサングで統一。同社らしいアヤしい宣伝方法だった。
  • 本国イタリアでの原題名は『Zombi 2』。『サンゲリア2』の原題は『Zombi 3』。これはロメロの『ゾンビ』のイタリア公開題が『Zombi』だったので勝手に続篇を名乗ったのだが、無論どちらもロメロ版との関係は一切無し。因みに本作のアメリカでの公開題は『Zombie』と、少々ややこしいことになっている。
  • 尖った木片が目に突き刺さる残酷場面が有名。『グラインドハウス』(ロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー in グラインドハウス』)にオマージュがある。

予告編

DVD

サンゲリア 25th ANNIVERSARY SPECIAL EDITION [DVD]

サンゲリア 25th ANNIVERSARY SPECIAL EDITION [DVD]

サンゲリア [DVD]

サンゲリア [DVD]

CD

「ゾンビ 2(サンゲリア)」 他  (Zombi 2 / Un Gatto Nel Cervello)

「ゾンビ 2(サンゲリア)」 他 (Zombi 2 / Un Gatto Nel Cervello)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ