サンティアゴ・デ・コンポステーラ

(地理)
さんてぃあごでこんぽすてーら

Santiago de Compostela


スペイン北西部ガリシア自治州 (Comunidad Autónoma de Galicia) の州都で、ラ・コルーニャ県 (Provincia de la Coruña / Provincia da Coruña) に属し、人口は約92,000人。中世キリスト教3大聖地のひとつで、1985年に旧市街は世界遺産に登録された。

キリスト教の聖地として有名で、シャコベオと呼ばれるサンティアゴを目指した巡礼がヨーロッパ各地で行われている。7月25日の聖ヤコブの日には世界中から巡礼者が集まるが、特に7月25日が日曜日の年は聖ヤコブの年として盛大なイベントが開催される。
「サンティアゴ」は十二使徒の一人である聖ヤコブの意。「コンポステーラ」の語源は「墓廟 (compostium)」であるとする説と「星の野 (campus stellae)」に由来するとする説とがある。

伝承

十二使徒の一人である聖ヤコブはスペインで布教していたが、紀元44年頃にエルサレムへ戻って殉教 (使徒の中では最初)。遺骸は舟に乗せられたのだという。9世紀の初め、聖ヤコブの墓がこの地で発見された。以来、ヨーロッパの人々が巡礼に訪れる聖地となる。レコンキスタ (国土回復運動) では、聖ヤコブがスペインの守護者とされた。
サンティアゴ巡礼のシンボルは帆立貝。1998年に世界遺産に登録された巡礼路 (camino de santiago) は遠くピレネー山脈を越えフランスまで続く。

参考文献

スポーツ

サッカークラブ 「SDコンポステーラ (Sociedad Deportiva Compostela)」 の本拠地でもある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ